ご購入点数
0
合計
0
レジへ進む

ARTICLE 乳がん治療の種類と術式について

乳がん治療の種類と術式について

乳房全摘出術(にゅうぼうぜんてきしゅつじゅつ)
がんのできた側の乳房を全て切除する手術です。
かつては、乳房だけでなく乳腺の下にある大胸筋や小胸筋を切除する「ハルステッド法」が標準的手術方法として実施されてきましたが、現在は胸筋は残す方法が一般的です。
乳房は皮膚・乳頭・乳輪を含めてすべて切除されますが、乳房再建を前提とした再建術も多く行われています。

乳房部分切除術(ぶぶんせつじょじゅつ)
温存術(おんぞんじゅつ)とも言います。しこりを含めた乳房の一部分を切除する手術です。
病変の部位や広がりによって、乳頭を中心にした扇形に切除、あるいはがんの周囲に2cm程度の安全域をとって円形に切除します。通常、手術後に放射線照射を行い、残された乳房の中での再発を防ぎます。
 
腋窩リンパ節郭清(えきかりんぱせつかくせい)
乳がんの切除と同時に、わきの下のリンパ節を含む脂肪組織も切除することを指します。
リンパ節での再発を予防するだけでなく、再発の可能性を予測し、術後に薬物療法が必要かどうかの検討材料になります。腋窩リンパ節郭清を行うと、手術をした側の腕にリンパ浮腫(むくみ)が出たり、肩の痛みや運動障害が起きることがあります。
 
センチネルリンパ節生検(せんちねるりんぱせつせいけん)
センチネルリンパ節とは、乳がんからこぼれ落ちたがん細胞が最初に到達する乳腺のリンパ節を指します。
術中にセンチネルリンパ節のみ切除しがんの転移を調べます。センチネルリンパ節に転移がないとき、多くの場合、わきの下のリンパ節に転移がないということがわかっていますので、腋窩リンパ節郭清を行わなくてもよい可能性がある患者を選ぶ手段として活用されています。
 
乳房再建術(にゅうぼうさいけんじゅつ)
乳がんの手術と同時に再建手術を行う方法と、乳がんの手術後一定期間を置いて再建手術を行う方法があり、また、自分の組織(筋肉や脂肪)を使う場合と、人工物(インプラント)を使う場合があります。
手術から再建に期間を空ける際は、エキスパンダーという器具を挿入し乳房の皮膚を十分に伸ばします。乳がんの手術時に主治医より再建に関して説明があったり、専門のクリニックなどが増え、患者の選択肢が広がってきています。
 
放射線治療(ほうしゃせんちりょう)
放射線にはがん細胞を死滅させる効果があります。
乳がんでは手術でがんを切除した後に乳房やその領域の再発を予防する目的で行う場合と、骨の痛みなど転移した病巣による症状を緩和するために行う場合があります。照射部位の皮膚は赤みやかさつき、痒みが出るなど敏感になります。治療終了後は保湿を心掛けましょう。(治療中は効果に影響が出る可能性がある為、油分を加えたりマッサージを行うことは避けましょう)
 
術前治療(じゅつぜんちりょう)
前もって治療を行い、病変を小さくしてから手術を行う方法です。
乳がんでは、化学療法(抗がん剤)や、ホルモン療法などの薬物療法が中心です。 手術でがんを取り除く前の為、薬剤の効果を目に見えて確認できる利点がありますが、手術への不安に加え、薬の副作用が表われる場合が多くあります。
できるだけゆったりとした気持ちで過ごし、治療の目的や期待される効果、予想される副作用とその対策などについて十分な説明を受け、理解した上で治療を受けることが大切です。