ご購入点数
0
合計
0
レジへ進む

KEA工房のOfficial Blog KEAノート

乳がん手術後のリンパ浮腫による腕のむくみには弾性スリーブを用いる


乳がんの術後や抗がん剤治療・放射線治療を受けることで、腕にむくみが出てくることがあります。この症状を「リンパ浮腫」といいます。 リンパ浮腫の治療では「複合的治療」といわれる方法がとられ、症状にあわせてスキンケア・マニュアルリンパドレナージ・圧迫療法・運動療法を組み合わせて行います。 今回は、圧迫療法で用いられる弾性スリーブの種類やKEA工房で取り扱っている商品をご紹介します。  

圧迫療法を行うために用いる弾性着衣


複合的治療は症状によって「スキンケア」「マニュアルリンパドレナージ」「圧迫療法」「運動療法」の4つを組み合わせて行います。
スキンケア
「保湿・保清・保護」が基本。しっかりした保湿を行うことで、感染症のリスクを下げます。  

マニュアルリンパドレナージ
局所に滞ってしまった体液を流すための手を使った手技。 マニュアルリンパドレナージは、専門家による実施が望ましいです。  

圧迫療法
筋ポンプを併用して、滞ってしまった体液を流すために圧力のある弾性着衣や弾性包帯を使用して行う療法です。

運動療法
圧迫を行った状態で主に関節部を動かす運動をします。負荷が大きいものではなく、ひじの曲げ伸ばしといった比較的簡単な運動が多く、生活動作の中に応用できるものが多いです。
圧迫療法で用いられる弾性着衣には、弾性ストッキングや弾性スリーブ、弾性グローブなどがあり、リンパ浮腫の症状や部位などに応じて着用する弾性着衣が変わります。  

>弾性着衣の正しいサイズと選び方

腕のリンパ浮腫には弾性スリーブ

腕のリンパ浮腫に用いる弾性スリーブにはさまざまな種類があります。
■手首から上腕までを覆うスタンダードなスリーブタイプ(C-Gタイプ)
■手の甲を覆うミトンがついたスリーブ(ミトン付きスリーブ)
■肩回りまでカバーできるショルダーキャップ付きタイプ
このほか、手の甲だけを覆うミトン単体や指先まで覆う手袋型のタイプ(グローブ)もあります。 これらを症状や治療方針、生活スタイルによって使い分けることができますが、原則として弾性スリーブの形状や圧力は医師またはリンパ浮腫治療の専門家の指示で決められます。  
 

KEA工房おすすめの弾性スリーブ

専門家の指示のもとで弾性着衣を選びますが、今回はKEA工房で取り扱っている弾性スリーブをご紹介します。

・COCOFY+ (ココフィープラス)
国産のスリーブ。日本人の体型に合わせ、また気候条件も考慮した弾性スリーブです。(メーカーの呼称は上肢用弾性ストッキング)。欧州産のものに比べると着用がしやすく、また動きやすくて蒸れにくいことも特徴。

・メディハーモニー 
ドイツのMEDI社の主力モデル。ひじ周りに特殊な編み方を取り入れて食い込みを防ぐなど、先進的な技術が生かされたモデルとなっています。ミトン付きタイプもあります。

・JOBSTベラライト
ドイツBSNメディカル社のスリーブ。最大圧が手首ではなく、若干上に設定されているため、ほかの欧州産モデルに比べると楽に着用できます。

・エアボウェーブ
国産のスリーブで、在宅での使用を重点に考案されたモデル。特殊な編み方のため、圧力は十分にありながら、着脱が楽で動きやすいことが特徴です。この上に包帯を巻くというような併用も可能。

・モビダーム・オートフィット
ベルクロ式でご年配の方でも着脱が簡単にできるようになっています。内側に配置されているキューブウレタンによって、ドレナージ効果も期待できます。

・サークエイド
ベルクロ式の弾性着衣。着脱は非常に楽で弱圧から強圧まで調整が可能です。国産でのカスタムメイドの対応も始めました。ご自身の症状や腕の太さなどに応じて、より最適な弾性スリーブを作ることができます。  

着用時の注意点


弾性スリーブは朝起きてすぐに着用し、就寝前に外すのが大原則とされています。一部の弾性スリーブで就寝中の使用が認められている製品もありますが、必ず医師に相談してから着用するようにしてください。 また、着用する前にスキンケア(保湿)を十分に行うことが大切です。着用の際はしわやたるみがないように丁寧に着用していき、爪や指輪などで引っ掛けないように気を付けましょう。  

着用は医師の指示に従いましょう

状態や症状に応じて圧クラス(圧迫力)やタイプ(形状・種類)を選択する必要があります。 ご自身での判断は治療の効果を得られないばかりか、合併症を引き起こす原因にもつながりますので、必ず医師の判断に従って着用するようにします。

>弾性着衣で気をつけるべき「絶対禁忌」と「相対禁忌」

乳がん・婦人科系がん術後のインナーでお悩みはありませんか?

ご相談・試着だけでも大丈夫。
安心できるサロンです。

KEA工房では、乳がんや婦人科系がんによるリンパ浮腫、臓器脱など術後生活を
自分らしく快適にお過ごしいただけるよう、自社のみならず他社製品も数多く取り揃えております。

また、これまでの知識や経験からお客様のご要望にお応えし、製品の開発製作なども行っております。

お客様一人ひとりに最適なインナーをお選び頂くために、
ご来店時には専門知識と技術を兼ね備えたスタッフがご対応致します。
お困りなことがございましたらお気軽にご連絡ください。

ボディケアインナーご試着・ご相談のご予約はこちら

ボディケアインナー・弾性着衣についてのお問い合せ・資料請求はこちら

お電話でのお問い合わせはこちら:0120-36-2727

KEA工房 Facebook

KEA工房 Instagram


-ボディケアインナー, リンパ浮腫
-

執筆者:

岩田 博美

事監修

株式会社KEA工房 専務取締役
アピアランスケア事業部 事業部長

病院訪問を通じて看護現場でのアピアランスケアをサポート。
医療従事者向け講習会の経験も豊富

ボディーケアインナー商品一覧へ

関連記事

おすすめ記事

カテゴリー