ご購入点数
0
合計
0
レジへ進む

KEA工房のOfficial Blog KEAノート

その症状、本当に乳がん?乳がん疑いの症状と乳がんに間違われやすい病気

日本人女性にとって身近な病気である乳がん。できるだけ早く発見するために定期的な検診に加えて日常生活のセルフチェックが勧められています。入浴の際に乳房のセルフチェックを習慣化にしているという方も多いのではないでしょうか。 なかにはセルフチェックをしている際、しこりを見つけたり、乳房に異変を感じたり「もしかして乳がんではないか」と不安にかられた経験のある人も少なくないはずです。乳房にしこりや異変を感じたら、それは必ず乳がんなのでしょうか。もしかしたらそのしこりは乳がんではなく、乳がんと間違われやすい他の病気かもしれません。

しこりやくぼみ…乳がんの代表的な症状

  乳房にできるしこりは乳がんの主な症状として広く知られています。しこりの手触りを体験できる模型を触ってみた経験のある人も多いのではないでしょうか。 乳がんのしこりには硬いものや表面がデコボコしているものなどさまざまな感触のものがあり、その大きさも人や症状によって違います。また、しこりのほかにも乳房表面の皮膚の色の変化やエクボのようなくぼみの出現なども症状としてあげられます。乳頭から分泌物が出たり、普段とは違う乳房の左右差が現れたりすることも乳がんサインの一種です。

「しこり=乳がん」ではない。乳がんに間違えられることの多い病気

乳房のしこりは乳がんの代表的な症状として知られていますが、必ずしも「しこり=乳がん」とは限りません。 実は乳房にできるしこりの多くは良性であり、乳がんではない他の疾患や病気にかかっている場合もあるようです。(※個人差があります)乳がん以外の病気や症状でも安心するのではなく、まずは症状の原因を自分で知ことが大事です。 乳がんが有名な病気である一方、他のさまざまな乳房の疾患や病気はあまり知られていないのが現実ではないでしょうか。しこりや乳頭からの分泌液など、乳がんの初期症状と同じような症状があるために、乳がんと間違われやすい疾患や病気には多いケースとして次のようなものがあります。

30〜40代によく見られる「乳腺症」

乳腺症とは、女性ホルモンの乱れによって起こる良性疾患のことです。乳腺症の症状は、両脇を押されるような痛み、乳房の張り、乳房の片側もしくは両側のしこり、乳房からの分泌物などです。生理周期によってしこりの大きさが変化する場合もあります。 30代から症状が現れることが多く、生理の周期に伴って痛みが増減します。乳腺症から乳がんに変化する可能性はほとんどなく、一般的には特別な治療も必要ないとされていますが、痛みが激しい場合には医師に一度相談するとよいでしょう。

「乳腺線維腺腫」はやや若い人に多い

乳腺症よりやや若い20〜40代の女性に多く見られる「乳腺線維腺腫」は、なめらかで弾力のあるしこりが特徴です。 しこりは硬く、触るとよく動きます。痛みはないことがほとんどでしこりの大きさも変化しません。こちらも乳腺症と同じように特別な治療は不要ですが、しこりが大きくなりすぎた場合には手術をすることもあります。また、乳がんとの判別が難しいときには細胞の精密検査が行われます。

授乳期に起こりやすい「乳腺炎」

はじめに紹介した乳腺症とよく似た名前の「乳腺炎」は、授乳期になりやすい乳房の炎症です。 乳頭から細菌が入ってしまったり、乳汁が溜まってしまったりすることで乳房が赤く腫れ、痛み、高熱などの症状が出ます。治療には乳房マッサージや抗生物質の投与、場合によっては切開して膿を取るなどの処置が行われます。

しこりを発見しても乳がんとは限らない

胸を触っていて突然しこりのようなものに触れたら、ほとんどの人は「もしかして乳がん?」と不安になるはずです。しかし胸のしこりは他の疾患であるケースも中にはあります。 しかし、個人差があるため乳がんと全く関係ないと安心してはいけません。 もちろん自分で判断することは難しいため、何かしら異変を感じたときには早めに医療機関に相談するのがベストです。セルフチェックに加えて日頃から定期的な検診を受けることが健康意識を高めることになるのではないでしょうか。 女性の健康をサポートするインナー専門店KEA工房では、乳がん専用インナーの他にも、授乳時に使える前開きのブラジャーや検診時やお家でのリラックスタイムにぴったりなインナーも数多く取り揃えています。試着可能な3カ所の直営サロンのほか、オンラインショップも利用できますので、興味をお持ちの方はお気軽にご相談ください。

乳がん・婦人科系がん術後のインナーでお悩みはありませんか?

ご相談・試着だけでも大丈夫。
安心できるサロンです。

KEA工房では、乳がんや婦人科系がんによるリンパ浮腫、臓器脱など術後生活を
自分らしく快適にお過ごしいただけるよう、自社のみならず他社製品も数多く取り揃えております。

また、これまでの知識や経験からお客様のご要望にお応えし、製品の開発製作なども行っております。

お客様一人ひとりに最適なインナーをお選び頂くために、
ご来店時には専門知識と技術を兼ね備えたスタッフがご対応致します。
お困りなことがございましたらお気軽にご連絡ください。

ボディケアインナーご試着・ご相談のご予約はこちら

ボディケアインナー・弾性着衣についてのお問い合せ・資料請求はこちら

お電話でのお問い合わせはこちら:0120-36-2727

KEA工房 Facebook

KEA工房 Instagram


-ボディケアインナー
-

執筆者:

原島 亜奈

事監修

株式会社KEA工房 アピアランスケア事業部マネージャー

乳がん術後からリンパ浮腫製品の知識があり
自社製品と患者様と病院との繋がりに重きを置き活動している。
広報・WEB管理も担当。

ボディーケアインナー商品一覧へ

関連記事

おすすめ記事

カテゴリー